FavoriteLoadingお気に入りに追加

闇営業問題が原因で昨年7月に『吉本興業』から契約解消され、今年からYouTuberとして活動している『雨上がり決死隊』の宮迫博之さん(50)が、週刊誌『週刊ポスト』のインタビュー取材に応じ、テレビ番組復帰への思いを語っており、ネット上では様々な声が上がっています。
宮迫博之さんは昨年6月に週刊誌『フライデー』によって、2014年末に行われた反社会的勢力(大規模詐欺グループ)の忘年会に事務所を通さない闇営業で参加、ギャラとして100万円を受け取っていたことが明らかにされました。
この問題で闇営業の仲介を担当したカラテカ・入江慎也さんは間もなく吉本興業から契約解消され、宮迫博之さんを含む問題の闇営業に参加した芸人たちは謹慎処分が下され、宮迫さんとロンドンブーツ1号2号・田村亮さんは吉本興業と話し合いをする中で溝がさらに深まり、昨年7月には契約解消、今年1月からYouTubeへの動画投稿をスタートさせました。
これによって宮迫博之さんはテレビから姿を消し、コンビで出演していた『アメトーーク!』『世界の何だコレ!?ミステリー』『痛快!明石家電視台』『炎の体育会TV』などのレギュラー番組は、宮迫さん不在のまま相方・蛍原徹さんが引き続き出演しているという状況で、『雨上がりのフォトぶら♪』などの冠番組は終了となりました。
吉本興業を辞めてから早1年以上が経過し、週刊ポストのインタビューに応じた宮迫博之さんは、少し前に蛍原徹さんと2人で話し合ったことを明かし、「『YouTubeを始めるタイミングとか、納得いってないことはたくさんある』と苦言を呈されましたね。僕は『芸能界に戻れる状況を(自分で)必ず作る。YouTubeを頑張りながら、そこに辿り着くから待っていてほしい』と伝えました。」と明かしています。
また、「相方の本心は、僕が吉本と話し合い、復帰の環境が整うまでおとなしくしていてほしかったんじゃないかな。」と推察した上で、「でも僕は性格的に止まっていられるタイプじゃない。相方もそれが分かっているから、どこかで諦めていた部分があったんだと思います。」と語っています。

https://owarai.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2020/11/unnamed-file-675.jpghttps://owarai.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2020/11/unnamed-file-675-225x150.jpgtsutomuアメトーーク闇営業問題が原因で昨年7月に『吉本興業』から契約解消され、今年からYouTuberとして活動している『雨上がり決死隊』の宮迫博之さん(50)が、週刊誌『週刊ポスト』のインタビュー取材に応じ、テレビ番組復帰への思いを語っており、ネット上では様々な声が上がっています。 宮迫博之さんは昨年6月に週刊誌『フライデー』によって、2014年末に行われた反社会的勢力(大規模詐欺グループ)の忘年会に事務所を通さない闇営業で参加、ギャラとして100万円を受け取っていたことが明らかにされました。 この問題で闇営業の仲介を担当したカラテカ・入江慎也さんは間もなく吉本興業から契約解消され、宮迫博之さんを含む問題の闇営業に参加した芸人たちは謹慎処分が下され、宮迫さんとロンドンブーツ1号2号・田村亮さんは吉本興業と話し合いをする中で溝がさらに深まり、昨年7月には契約解消、今年1月からYouTubeへの動画投稿をスタートさせました。 これによって宮迫博之さんはテレビから姿を消し、コンビで出演していた『アメトーーク!』『世界の何だコレ!?ミステリー』『痛快!明石家電視台』『炎の体育会TV』などのレギュラー番組は、宮迫さん不在のまま相方・蛍原徹さんが引き続き出演しているという状況で、『雨上がりのフォトぶら♪』などの冠番組は終了となりました。 吉本興業を辞めてから早1年以上が経過し、週刊ポストのインタビューに応じた宮迫博之さんは、少し前に蛍原徹さんと2人で話し合ったことを明かし、「『YouTubeを始めるタイミングとか、納得いってないことはたくさんある』と苦言を呈されましたね。僕は『芸能界に戻れる状況を(自分で)必ず作る。YouTubeを頑張りながら、そこに辿り着くから待っていてほしい』と伝えました。」と明かしています。 また、「相方の本心は、僕が吉本と話し合い、復帰の環境が整うまでおとなしくしていてほしかったんじゃないかな。」と推察した上で、「でも僕は性格的に止まっていられるタイプじゃない。相方もそれが分かっているから、どこかで諦めていた部分があったんだと思います。」と語っています。お笑い動画を芸人ごとにわかりやすくをまとめた国内最大級のサイトです。