FavoriteLoadingお気に入りに追加

「普段着でクラッシックを」をテーマに企画いたしました。

「演奏メンバー」​
ヴァイオリン: 阪部慎太郎、高崎真央​
ヴィオラ: 坪之内裕太​
チェロ: 福田奈央子​
コントラバス: 小島琳太郎

「プログラム」​
G.F.テレマン: 四声のためのソナタTWV43:F1より Adagio – Allegro​
J.パッヘルベル: カノン​
J.S.バッハ: エア​
楽器紹介​
C.サンサーンス: 白鳥​
W.A.モーツァルト: アイネ・クライネ・ナハトムジークK.525より1楽章 Allegro​
E.エルガー: アヴェ・ヴェルム

阪部慎太郎
指揮者/バイオリン/ビオラ/​
大阪音楽大学音楽学部バイオリン専攻卒業後渡独、​
ドイツ国立ハノーファー音楽演劇大学指揮科とビオラ科の両本科にて研鑽を積み​
同音楽演劇大卒業後、ベルリン芸術大学大学院古楽科、フランス・サントJeune orchestre de l’abbayeにて学ぶ​
ハノーファー音大指揮科在学中より師の大植英次氏やアンドリュー・マンゼ氏のアシスタントを​
ヨーロッパ各地の公演で務め、また古楽指揮者として名高いエルヴェ・ニケ氏から薫陶を受ける​
在独中、公益財団法人ローム・ミュージック・ファンデーション、NPO法人イエロー・エンジェルの奨学生​
ドイツのアンヤ・フィヒテ財団とエーデルホーフ・リックリンゲン財団からの支援を受け​
在独若手音楽家を中心としたハノーファー・ノイエ・フィルハーモニーを創設、指揮者を務めた​
また作曲編曲の活動として、​
ピアノ四重奏版ラヴェル「マ・メール・ロワ」が北ドイツ放送局室内楽シリーズで初演、CD発売される​
2020年8月、2021年3月と京都のちおん舎と仁風庵にて作曲、自らのビオラ演奏で初演している。​
指揮を大植英次、延原武春、ギュンター・ノイホールト​
ビオラをクリスティアン・ポール、深井碩章、カトリーヌ・ピュイの各氏に師事​
2017年より京都ブラスバンド指揮者​
2019年より同団常任指揮者・ミュージックアドバイザー、ウインドカンパニー正指揮者​
枚方ライオンズフィルハーモニー指揮者を務める他、京都フィルハーモニー室内合奏団、​
テレマン室内オーケストラを指揮​
2021年バルセロナのバロックアンサンブルに招聘予定

高崎真央
ヴァイオリン/コンサートマスター​
4 歳よりヴァイオリンを始める。大阪音楽大学卒業、卒業演奏会に出演​
在学中、大学より給付奨学金を得てドイツ国立ワイマール・フランツリスト音楽院​
またフォル クヴァング芸術大学(ドイツ)に留学​
これまでに​
ヴァイオリンを久合田緑、辻久子、宗倫匡、北浦洋子​
ウルリヒ・ベーツ、ヤチェッ ク・クリムキェーヴィッチの各氏​
バロックヴァイオリンを平崎真弓氏、​
室内楽をエフゲニー・ シナイスキ、クラウス・シュトルクの各氏​
ビオラを深井碩章、俣野ゆみの各氏に師事​
第3回全日本芸術コンクール第2位​
第3回クオリア音楽フェスティバルオーディション大学生の部第一位 ​
佐渡裕氏によるスーパーキッズオーケストラ第一期生​
2014 年〜2018 年、ドイツ・ブラウンシュヴァイク州立管弦楽団に所属

坪之内裕太​
4歳からヴァイオリンを始める​
2002年熊楠の里音楽コンクール第1位​
2009年に明石ジュニアオーケストラのコンサートマスターを勤める​
このオーケストラの経験により、ヴィオラの音色に魅せられヴィオラを始める​
2014年に樫本大進プロデュース「ル・ポン国際音楽祭2014」のプレコンサートにヴィオラで出演​
小樽ヴィオラマスタークラスで今井信子氏に師事。現代音楽を主に演奏するへんみカルテットヴィオラ奏者​
ラフォルジュルネ東京2019に出演 Reise Kammer Orchester 副代表 一般社団法人Reise 理事​
寺子屋ヴィオラ講師。​
バイオリンを菊池佳奈子​
ヴィオラを杉山雄一、山本由美子、小峰航一各氏に師事。三田学園高校卒業​
京都市立芸術大学ヴィオラ専攻卒業​

福田奈央子
チェロ​
京都市立芸術大学音楽学部弦楽専攻卒業​
またオーディションにより助成を得てEuro Music Festival&Academy2013を修了​
第13回セシリア国際音楽コンクール室内楽部門最高位​
第20回大阪国際音楽コンクールアンサンブル部門エスポワール賞​
これまでにJapan String Quartet、ヴォルフガング・ベッチャー、エミール・ロフナー​
ヴラタン・コチの各氏によるマスタークラスを受講、雨田一孝、上村昇の各氏に師事​
クラシックはもとよりクラシック以外の分野でのライブ、レコーディングでも演奏​
関西を中心にプロオーケストラへの客演、室内楽、ソロなど​
幅広い演奏活動に力を注ぐと共に後進の指導にも意欲的にあたっている​
シンフォニア・コレギウムOSAKAメンバー

小島琳太郎 コントラバス
兵庫県神戸市出身12歳よりコントラバスを始める尼崎市立尼崎双星高等学校 普通科音楽類型を経て相愛大学 音楽学部音楽学科 弦楽器専攻を卒業
同大学の卒業演奏会(於:いずみホール)に出演
在学中に東儀奨学金を授与される京都国際学生音楽フェスティバル2017に出演。京都芸術祭音楽部門主催「新進演奏家によるデビューコンサート2018」に出演現在、フリーランスとして関西を中心としたプロオーケストラの客演、
室内楽等で活動中

https://owarai.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/06/68-in-.jpghttps://owarai.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/06/68-in--225x150.jpgtsutomu音楽の日「普段着でクラッシックを」をテーマに企画いたしました。 「演奏メンバー」​ ヴァイオリン: 阪部慎太郎、高崎真央​ ヴィオラ: 坪之内裕太​ チェロ: 福田奈央子​ コントラバス: 小島琳太郎 「プログラム」​ G.F.テレマン: 四声のためのソナタTWV43:F1より Adagio - Allegro​ J.パッヘルベル: カノン​ J.S.バッハ: エア​ 楽器紹介​ C.サンサーンス: 白鳥​ W.A.モーツァルト: アイネ・クライネ・ナハトムジークK.525より1楽章 Allegro​ E.エルガー: アヴェ・ヴェルム 阪部慎太郎 指揮者/バイオリン/ビオラ/​ 大阪音楽大学音楽学部バイオリン専攻卒業後渡独、​ ドイツ国立ハノーファー音楽演劇大学指揮科とビオラ科の両本科にて研鑽を積み​ 同音楽演劇大卒業後、ベルリン芸術大学大学院古楽科、フランス・サントJeune orchestre de l’abbayeにて学ぶ​ ハノーファー音大指揮科在学中より師の大植英次氏やアンドリュー・マンゼ氏のアシスタントを​ ヨーロッパ各地の公演で務め、また古楽指揮者として名高いエルヴェ・ニケ氏から薫陶を受ける​ 在独中、公益財団法人ローム・ミュージック・ファンデーション、NPO法人イエロー・エンジェルの奨学生​ ドイツのアンヤ・フィヒテ財団とエーデルホーフ・リックリンゲン財団からの支援を受け​ 在独若手音楽家を中心としたハノーファー・ノイエ・フィルハーモニーを創設、指揮者を務めた​ また作曲編曲の活動として、​ ピアノ四重奏版ラヴェル「マ・メール・ロワ」が北ドイツ放送局室内楽シリーズで初演、CD発売される​ 2020年8月、2021年3月と京都のちおん舎と仁風庵にて作曲、自らのビオラ演奏で初演している。​ 指揮を大植英次、延原武春、ギュンター・ノイホールト​ ビオラをクリスティアン・ポール、深井碩章、カトリーヌ・ピュイの各氏に師事​ 2017年より京都ブラスバンド指揮者​ 2019年より同団常任指揮者・ミュージックアドバイザー、ウインドカンパニー正指揮者​ 枚方ライオンズフィルハーモニー指揮者を務める他、京都フィルハーモニー室内合奏団、​ テレマン室内オーケストラを指揮​ 2021年バルセロナのバロックアンサンブルに招聘予定 高崎真央 ヴァイオリン/コンサートマスター​ 4 歳よりヴァイオリンを始める。大阪音楽大学卒業、卒業演奏会に出演​ 在学中、大学より給付奨学金を得てドイツ国立ワイマール・フランツリスト音楽院​ またフォル クヴァング芸術大学(ドイツ)に留学​ これまでに​ ヴァイオリンを久合田緑、辻久子、宗倫匡、北浦洋子​ ウルリヒ・ベーツ、ヤチェッ ク・クリムキェーヴィッチの各氏​ バロックヴァイオリンを平崎真弓氏、​ 室内楽をエフゲニー・ シナイスキ、クラウス・シュトルクの各氏​ ビオラを深井碩章、俣野ゆみの各氏に師事​ 第3回全日本芸術コンクール第2位​ 第3回クオリア音楽フェスティバルオーディション大学生の部第一位 ​ 佐渡裕氏によるスーパーキッズオーケストラ第一期生​ 2014 年〜2018 年、ドイツ・ブラウンシュヴァイク州立管弦楽団に所属 坪之内裕太​ 4歳からヴァイオリンを始める​ 2002年熊楠の里音楽コンクール第1位​ 2009年に明石ジュニアオーケストラのコンサートマスターを勤める​ このオーケストラの経験により、ヴィオラの音色に魅せられヴィオラを始める​ 2014年に樫本大進プロデュース「ル・ポン国際音楽祭2014」のプレコンサートにヴィオラで出演​ 小樽ヴィオラマスタークラスで今井信子氏に師事。現代音楽を主に演奏するへんみカルテットヴィオラ奏者​ ラフォルジュルネ東京2019に出演 Reise Kammer Orchester 副代表 一般社団法人Reise 理事​ 寺子屋ヴィオラ講師。​ バイオリンを菊池佳奈子​ ヴィオラを杉山雄一、山本由美子、小峰航一各氏に師事。三田学園高校卒業​ 京都市立芸術大学ヴィオラ専攻卒業​ 福田奈央子 チェロ​ 京都市立芸術大学音楽学部弦楽専攻卒業​ またオーディションにより助成を得てEuro Music Festival&Academy2013を修了​ 第13回セシリア国際音楽コンクール室内楽部門最高位​ 第20回大阪国際音楽コンクールアンサンブル部門エスポワール賞​ これまでにJapan String Quartet、ヴォルフガング・ベッチャー、エミール・ロフナー​ ヴラタン・コチの各氏によるマスタークラスを受講、雨田一孝、上村昇の各氏に師事​ クラシックはもとよりクラシック以外の分野でのライブ、レコーディングでも演奏​ 関西を中心にプロオーケストラへの客演、室内楽、ソロなど​ 幅広い演奏活動に力を注ぐと共に後進の指導にも意欲的にあたっている​ シンフォニア・コレギウムOSAKAメンバー 小島琳太郎 コントラバス 兵庫県神戸市出身12歳よりコントラバスを始める尼崎市立尼崎双星高等学校 普通科音楽類型を経て相愛大学 音楽学部音楽学科 弦楽器専攻を卒業 同大学の卒業演奏会(於:いずみホール)に出演 在学中に東儀奨学金を授与される京都国際学生音楽フェスティバル2017に出演。京都芸術祭音楽部門主催「新進演奏家によるデビューコンサート2018」に出演現在、フリーランスとして関西を中心としたプロオーケストラの客演、 室内楽等で活動中お笑い動画を芸人ごとにわかりやすくをまとめた国内最大級のサイトです。